RACING LINERT9

RT9 FRAME

安定した高速走行のための低重心化、高められた剛性。アンカーのタイムトライアルモデル

かつて全日本選手権を制したアンカーのタイムトライアルモデル、RT9。高速での安定した走りのために目指したのは、フォーク、ダウンチューブ、チェーンステーすべての部位における高剛性化、そして低重心化である。チェーンステーを左右非対称形状としてチェーン側の剛性をより高くし、確実な駆動力を獲得。シフトは電動変速のみ。バッテリーはBB下からフレームに内蔵する構造で低重心化にさらに貢献する。小柄なライダーにもフィットするSSサイズも用意する。

RT9 FRAME

フレームセット メーカー希望小売価格
¥473,000(税抜¥430,000)

写真仕様 /レーススタイルフレームサイズ:
S(490mm相当)
※実際の仕様は写真と
異なる場合があります。

AERO HM-CARBON
ベーススペック
モデル RT9 FRAME
フレームサイズ SS-S-M-L(適応身長はジオメトリー欄を参照)
フレーム Aero HM-Carbon インテグラルヘッド Pressfit BB
フロントフォーク HM-Carbon カーボンコラム+アルミインサート
ヘッド小物 TANGE IS22 ダイレクトインタイプ
シートピン バンド式
シートポスト ANCHOR Aero-Carbon TypeTT オフセット25mm
ハンドルステム ANCHOR Aero-Aluminium TypeTT FLAT 75mm Angle 72°
付属品 専用チェーン引き, マニュアルバッグ
フレーム重量 フレームセット 1,830g(Mサイズ) ステム 400g シートポスト 270g
ジオメトリー

ジオメトリー図

1 フレームサイズ センター~トップ 450(SS) 490(S) 530(M) 570(L)
3 トップチューブ長(ホリゾンタル時想定) 485 505 525 545
4 ヘッドチューブ長 70 80 100 120
5 キャスター角 71°30' 71°30' 72°30' 72°30'
6 シート角 76°30' 76°15' 75°45' 75°15'
8 オフセット 50 50 45 45
10 フロントセンター 563 581 584 601
11 リアセンター 400 400 400 400
12 ハンガー下がり 70 70 75 75
13 ホイールベース 952 971 973 989
15 スタンドオーバーハイト(地上高) 719 751 782 809
16 スタック 468 477 506 525
17 リーチ 373 388 397 407
適応身長(cm) 156-166 164-174 171-181 178-189
股下サイズ目安(cm) 70.3-74.8 73.9-78.5 77.1-81.7 80.3-85.3

※適応身長:股下寸法とフレームサイズ、ヘッド〜シート延長線寸法から算出

インスタグラム